サービス残業について

サービス残業と言う言葉をメディアなどで耳にしたことがあると言う人もいるはずです。通常残業をした場合には、残業代が基本給とは別途でつくことになります。ところがサービス残業は、残業をしたとしても、雇い主の方から残業代が支払われない状態のことを指します。賃金のない時間外労働と言うこともできます。本来は労働基準法で、労働者の勤務時間とその時間外労働で支払われる手当について、規定があります。しかしこの規定は守られていないと言うのが現状です。
なぜこのようなことが起きているかと言うと、まずは長らく続く不景気があります。デフレ経済が完全に定着をしてしまっているため、どの企業も業績をなかなか伸ばすことができないでいます。このため、少しでも人件費のコストカットをするために、自分の所の会社の社員に対してサービス残業を要請しているのです。
また正社員を雇わないことで対処している会社も多いです。非正規社員やパートタイマー扱いにすることで、人件費のカットをしている所も多いです。外資系の企業と比較すると一般的な傾向として、日本の会社の方がサービス残業を求める傾向があります。

サービス残業の問題点

サービス残業の問題点はいろいろとあります。まずは、本来もらえるべき給料を受け取ることができなくなってしまいます。これは労働者から見るとかなりの不利になります。またサービス残業という名のもとで、長時間労働を強要されることも多くなってしまいます。長時間労働が続けば、体を休めることができなくなりますし、睡眠時間も削って対処することになります。その結果、精神的に追い詰められてうつのような症状を呈する可能性があります。さらに状況が悪くなってしまうと、追い詰められて自殺をしてしまうとか、過労死の状態になってしまう恐れも出てきます。
サービス残業という言葉が定着をしてしまったことで、仕方のないことと思ってしまう人もいるようです。しかしサービス残業は企業による違法行為であり、従業員の人生を狂わせる重大な行為であることを認識する必要があるのです。

残業代請求のことなら
- 弁護士が教える労働トラブル解決サイト