残業代が欲しい

ほとんどの会社で現在も残業しているでしょう。昔は残業している会社は多かったですが、今は減ってはきています。残業している会社は減ってきていますが、残業している会社は一つもないというわけでもありません。今でも残業している会社は多いです。それはその日の仕事が終わらないからでしょう。ほとんどの企業は仕事を次の日にまわしたくないという考えです。その日のうちに終わらせないととなるとどうしても残業になってしまいます。残業となるとたいていは残業手当が出ます。しかし、昔は残業しても残業手当を出さない企業が多かったです。それで問題になったりしました。それから残業した場合は残業代を出さないといけないように厳しくなりました。
今では残業をすればほとんどの企業が残業代を出すのですが、しかし、まだ一部の企業では残業をしても残業代を出さない企業もあります。残業代の事を企業の社長とかに行ったら会社内の立場がおかしくなったという事もあります。企業によってはモラルが低下している所もあります。それだけに残業代がもらえなくても泣き寝入りをする人は少なくありません。会社を辞めていく人のなかには残業代の事で辞めていく人も少なからずいます。それだけに会社としても高が残業代の事でと思わない方が会社のためにもなります。残業代の事で会社経営が苦しくなることだってあります。

残業代請求の時効

残業をしても会社内でおかしな立場になる事を恐れてほとんどの人が残業代の事を言いません。1回ぐらいなら良いと思う人が大半です。しかし、その1回が2回、3回と繰り返して行きます。それだけに残業をしたのに残業代が払われていなかったら会社に言う勇気も必要です。残業代も時間が経っていう人も多いです。時間が経つと問題になるのが時効です。ほとんどの人が残業代を請求するのに時効があるのか心配でしょう。
残業代請求の時効は2年です。それだけに早めに制球をした方が良いです。2年以上経ってしまうと企業は残業代を支払わなくても良くなります。そうなると残業した分は働き損という事になってしまいます。働き損にならないためにも残業をしたらすくなくても次の月とかには請求をした方が良いです。